関節痛とのつきあい方と対処法です

私は今41歳になる主婦ですが、毎年今頃の時季から春先まで、関節痛がひどいですね。
関節を伸ばそうとすると、がりがりと骨が擦れる音は勿論ですが、電気の走るようなびりびりした痛みがしています。
私がそれを防ぐためにしていることは、水素風呂です。

水素風呂は身体の痛みを和らげてくれます。
寝冷えもしないし、代謝もあげてくれるし関節の動きも温まることにより動きやすくなります。

私は最初こんな泡になんの効果あるんだと、疑いましたが水素風呂の素晴らしさをしりました。

水素風呂をかれこれ.9ヶ月使い続けていますが、関節痛どころか身体の疲れが飛ぶのには、ビックリしました。
やっぱり、筋肉の緊張感を取るのでしょう。

温まることにより、それによりがりがりと骨が擦れていたのですが、まったくなくなりプラス、肌のキメも細かくなりだぶるで、嬉しいことつくめです。

身体痛みがあるひとは是非水素風呂の素晴らしさをしってほしいリタライフと言う会社で借りれて、ID20126と言うと5000円のものが3500円で借りられるそうです。

是非水素風呂を体験してほしいものですね。
私の首や骨盤、腰すべて、温まるので、楽になりつつあります。

あとは痛いのを我慢して、リハビリを気長にやるしかないです粘りと根気で関節痛と付き合いましょう。

関節の痛みの原因は体重過多と運動不足でした。

ある時、立ち上がった瞬間に鋭い痛みが両膝に走りました。今までに感じたことのない痛みに驚き、その場にうずくまってしまったくらい痛かったです。

その時だけなら良かったのですが、こうした鋭い痛みが頻繁に起きるようになりました。特に膝に体重をかけた瞬間に鋭く痛むのですが、動き始めると消えてしまうことが多いです。

しばらく続いたので我慢できなくなり整形外科に行きました。レントゲンを撮りましたが炎症などはなく、医師からは特に異常はないから積極的に動かした方が良いと言われました。

そして、何か心当たりは?体重が急激に増えたとかないかな?と矢継ぎ早に質問され、心当たりがありました。
確かに痛みが出る前の三ヶ月の間に体重が8キロ増えてしまっていました。しかもぎっくり腰をしてしまい寝込んだことが原因です。もちろん運動は出来ず、ただひたすらゴロゴロ寝転んで、しかも食欲は衰えず食べていたので、身体はむくんで動きづらくなっていました。

1週間分の鎮痛剤が出ましたが、とにかく身体を動かすようにと指導されました。ただぎっくり腰も治ったばかりでしたので、激しいスポーツではなく散歩やストレッチを勧められました。

痛みがあるうちはお風呂上がりの身体が温まっているうちにストレッチをすると良いと言われたので実践したところ、1週間もしないうちに痛みは和らぎました。

今は体重管理をしつつ、じょじょに身体を動かしているところです。ほとんど膝に痛みを感じることがなくなり、ホッとしています。

ひざの強い関節痛との戦いの記録

私の関節痛がひどかったのは、小学校高学年から中学生にかけてでした。
成長期でどんどん背が伸びていたせいでしょうか。
痛みもあったのですが、
足の膝の関節からたまにミシミシと音がして本当に驚きました。
だいたい痛みが起こるのは夜寝ようとしてベッドに横になった時でした。
大人しくしていれば、15~30分くらい耐えたところで痛みはおさまっていました。
しかし、眠りに落ちた後で、膝の痛みに加えなぜか足の裏もつってしまい、ダブルの痛みで目が覚めてしまうことがたびたびありました。
なぜかこの頃、関節痛だけでなく足の裏がつる頻度が非常に高かったです。
とうとう眠るのに恐怖を感じてすらいました。
何か対策はないものかと調べましたが、当時インターネットも気軽に使えるものではなかったので、図書館の本や保健室の先生に聞いたりでした。
最終的に整形外科に行った時は、成長痛だから、心配することはないと言われました。
しかし痛みを何とかしたいと必死で色々試しました。
温めてみたりマッサージしてみたりしましたが、それほど効果は感じられませんでした。
色々もがいているうちに、身長がほぼ伸びきったのか、中学三年生の春で痛みはピタリとなくなりました。
結局耐えただけだったので、何とか解決したかったと今でも思うことがあります。